Logo white

ギークサロン ブログ
GeekSalon Blog

少し未来のインターンのカタチ!? ~ GeekSalon × 電通ワカモンで作った学生との共創PJT ~

インタビュー

2019年09月25日

Wakamontop2

説明会のお申込みはこちらから

GeekSalon代表:齋藤 :

今回はインターンをご一緒させていただき、ありがとうございました。
非常に刺激的な6日間でとても満足しております!
まずお聞きしたいのが、「電通ワカモンインターンシップ」ということで電通が企画するのではなく、電通若者研究部が企画された理由とは何でしょうか?

電通ワカモン:説田 :

ありがとうございます!
その理由は、電通が「若者=”新しい価値観”で行動する生活者たち」と捉えていることにあります。
社会が未来に近づくとき、その先端には若者がいる。

つまり「若者を見ること=未来の兆しを捉えること」であると考えています。

このような理由で、電通若者研究部(ワカモン)が新しいインターンシップのカタチを作るべく、インターンシップをプロデュースを開始しました!

過去の三年間は電通らしくアイデア発想法を焦点に当て、「ココロを動かす教室」というコンセプトで行なっていましたが、今年から新しいテーマでプログラムを開発するということを行ないました!

齋藤 :

そのような経緯で、今回のコンセプトは 「プランニングだけで終わらない」
「実行までやりきる」 という特殊なものになっていたのですね!

説田 :

そうなんですよ、今までの企業のインターンやビジコンって、アイデアを出して、大人が評価して終わり。

そこで私たちは、自分で出したアイデアをどんな小さい規模でも、ちゃんと実現に持っていくことを重視したいなと思ったんです。

これが、大きなイノベーションではなく、「カタチにすること」 に重きをおいたプログラムに変更するきっかけでした。

現代社会では「実現力」というのが問われるようになってきています。将来「実現力」のある人間の方が重宝されると考え、アイデア出しからカタチにするまでを行うプログラムにしました。

齋藤 :

そのような思いが込められているのですね。なんだか、GeekSalonの創設の思いとかぶりますね!

説田 :

GeekSalonはどのような思いの下立ち上げられたんですか?

齋藤 :

僕が元々プログラミングが好きだったというのと、今後必ず身につけなければならないスキルになるであろうという思いが根底にありました。

その上で、僕はプログラミングというものはあくまで道具にしか過ぎないと考えています。

この道具を使って自分のアイデアを形にする体験を大学生に届けたい、このような思いの元、GeekSalonを立ち上げました。

説田・湊 :

本当に僕たちの思いと似ていますね!
説明会のお申込みはこちらから

齋藤 :

そうなんですよ!
でも、今回はなぜ、弊社にお声かけくださったのですか?

電通ワカモン:湊 :

あ、それは、僕の方から話しますね!
世の中では「脱自前主義」と呼ばれていますが、特に今の時代は新しい事を「実現」するには、パートナーの存在が不可欠だなと思ったんです。
なので、電通としても、これから新しい事をしていくときに、他社と組んでインターンを作ったという実績って、実は面白いんじゃないかな?と思ったんです。

その中でパートナーとしてGeekSalonに声をかけた理由としては、我々が学生さんに体験して欲しいものと一致したからです。

デジタル上で意思表明ができるか?エンジニアとのやり取りの勘所はあるのか?みたいなところは、今後ビジネスマンの基礎スキルセットとなっていくと考えています。

これらを今回のインターンを通じて体験して欲しかったんです。

そして今回のワカモンインターンは開催場所が名古屋でしたが、GeekSalonも名古屋にできるんですよね??

齋藤:

そうなんですよ!今は東京・京都にしかないのですが、2019年度中を目指して、名古屋と福岡にも展開を予定しています。

東京や関西だけじゃなく、名古屋や福岡に住んでいる学生にもGeekSalonとしてプログラミングを通じたものづくりの煌めく体験が届けられると思ってワクワクしています!

ただ現状、関東よりも関西の学生さんは、プログラミングに対しての食いつきが弱いなと日々運営していて感じます。

これから必ず到来するテクノロジーの波をいち早く乗って欲しい、そういう思いで名古屋や福岡の学生さんに対しても少しでもテクノロジーへの関心を高めるきっかけを届けられたら良いなと思っています。

今回このようなタイミングで電通ワカモンインターンシップをご一緒することができて、GeekSalonとしても新たな可能性を感じることができて貴重な体験だったと感じています!

説田・湊 :

こちらこそありがとうございます!

齋藤 :

でも、学生たちはクラウドファンディングを開始するんですよね。
学生たちにとっては、これからが本番ですね!

:

そうなんですよ!ということで、PJの告知をさせてください。

https://camp-fire.jp/channels/dentsu-wakamon

学生さんたちが作った、「ほうっておけない」 を解決するアイディアです。

是非、みなさんご支援いただければと思います!


写真は

左から電通ワカモン:説田・GeekSalon:齋藤・電通ワカモン:湊(敬称略)
説明会のお申込みはこちらから

■電通若者研究部(ワカモン)とは

電通の社内横断プロジェクト
高校生・大学生を中心に、10~20代の若者の実態にとことん迫り、若者と社会がよりよい関係性を築けるようなヒントを探るプランニング&クリエーティブユニット

■GeekSalon とは

「大学生のためのプログラミングコミュニティ」として2017年1月に開講。

初心者からでも3ヶ月で世界に一つだけのオリジナルアプリを開発できることが好評となり、開講2年半で述べ在籍者1500名を突破。

現在は東京・京都に教室を構え、全国的な展開を目指している。

GeekSalon・プログラミングに興味がある方は下記HPより無料説明会にお越しください。

https://geek-salon.com/
説明会のお申込みはこちらから

その他、気になることなどございましたら、お気軽にGeekSalon公式LINEからお気軽にお問合せください。

友だち追加


説明会

持ち物

筆記用具、PC(任意)

服装

自由

会場 / アクセス

GeekSalon 東京教室
烏山恵比寿ビル 2F
代官山駅徒歩5分 / 恵比寿駅徒歩8分

GeekSalon 京都教室
國友ビル 4F
河原町駅より徒歩3分 / 祇園四条駅より徒歩6分

お問合せ

GeekSalon公式LINEからお問合せください!

友だち追加