Logo white

ギークサロン ブログ
GeekSalon Blog

プログラミングスクールを徹底解析!料金からスクールまで紹介!

入門編

2018年09月04日

Pro school price 01

目次

1.プログラミングスクールは高い?料金を徹底比較!

 1-1.プログラミングスクール、受講料金の相場って?

 1-2.料金だけじゃない比較ポイント!学べる言語、場所など

 1-3.プログラミングスクール選びで気をつけるべきポイント

2.プログラミングスクールおすすめ5選!

 2-1.GeekSalon

 2-2.Tech::Camp

 2-3.侍エンジニア塾

 2-4WebCamp

 2-5.ジーズアカデミー

3.オンラインでプログラミングを学ぶなら!おすすめ3選

 3-1.TechAcadmy

 3-2.CodeCamp

 3-3.Schoo

4.制約あり!無料のプログラミングスクール3選

 4-1.無料PHPスクール

 4-2.ProEngineer

 4-3.インターネットビジネスアカデミー

5.まとめ

最近、話題となっているプログラミングスクール。

プログラミングスクールは独学と異なり、メンター(講師)や一緒に学ぶ仲間がいるため、学習中に壁にぶつかっても質問できる事により、挫折しにくいという点や学習効率が良くなるなどのメリットがあります。

また、細かくコースに別れている場合が多いため、専門的に深く学ぶことができる点も魅力的です。

そんな魅力たっぷりのプログラミングスクールですが、気になるのが料金やどういったプログラミングスクールに通うのが自分にとって一番良い結果に結びつくのかということではないでしょうか?

今回はプログラミングスクールの料金を始めとする考慮すべきポイント、タイプ別でおすすめするプログラミングスクールを徹底解析しました!

1.プログラミングスクールは高い?料金を徹底比較!

プログラミングスクールの受講料はどれくらい必要になるのでしょうか?

ここでは料金について比較し、説明します。

1-1.プログラミングスクール、受講料金の相場って?

プログラミングスクール、受講料金の相場って?

プログラミングスクールに通おうと考えて、悩む理由で上位に来るのが料金。

できるだけ良質なカリキュラムを安価で受けたいと思うのは人として当たり前の考えです。

プログラミングスクールは以下のようにおおよそ2つの形態に分かれて存在しています。

  • 完全オンライン制のタイプ
  • オンラインと通学の両方を行うタイプ

完全オンライン制のタイプは、基本的にメンターと一対一で学び、テキストチャットもしくはビデオチャットでやり取りをします。

オンラインと通学の両方を行うタイプは、オンライン学習と定期的に通学するスクーリングがあります。

ここではメンターと一対一で学ぶケースもあれば、複数人の生徒と共に学ぶケースなどスクールによって異なります。

この二つのプログラミングスクールの料金の1月あたりにかかるおおよその相場を見てみると、完全オンライン制のプログラミングスクールは8万円前後、オンラインと通学の両方を行うプログラミングスクールは15万円前後 となり、オンラインと通学の両方を行なうタイプは完全オンライン制のタイプよりも約2倍の料金になっています。

また、学習する期間が3か月や半年など長くなればなるほど必要とする料金が大きくなっていきます。

なぜ完全オンライン限定のプログラミングスクールと通学制のプログラミングスクールに料金に開きがあるかというと、その理由は単純です。

通学制のプログラミングスクールは数十名の生徒が通学してくるため、比較的大きな建物を借り上げ、学習室や機材などを揃えて生徒の数相応の従業員やメンターを雇い入れなければなりません。

そのため完全オンライン限定のプログラミングスクールより高い傾向にあります。

一方、オンライン限定で学ぶプログラミングスクールは、学習室や機材などを用意しておかなくても良く、従業員やメンターもそれほど人数が必要ではないため、料金は比較的安価で済むのです。

もし、あなたができるだけ節約し、プログラミングスクールに通いたいと考えているのなら完全オンライン制のプログラミングスクールがおすすめです。

ただし、完全オンライン制のプログラミングスクールは自学自習が強く求められる傾向があります。

もし、自学自習に自信がないようならば料金は上がってしまいますが、オンラインと通学の両方を行なうプログラミングスクールに通うことをおすすめします。

1-2.料金だけじゃない比較ポイント!学べる言語、場所など

料金だけじゃない比較ポイント!学べる言語、場所など

お金はとても貴重な物ですので、料金だけで入学するプログラミングスクールを選んでしまいそうになりますが、他にも考慮すべき点があります。

◆ 目的を元にした学ぶ言語とツールの比較

学ぶことのできる言語とツールに関しては、プログラミングスクールやコースによって異なります。

自分がプログラミングを学ぶ目的を考慮する必要があります。

Webエンジニアになりたいと考えているのならば、PHP言語やデータベースの知識、HTMLやCSSなどマークアップ言語の知識が必要となるでしょう。

iPhoneやAndroidのアプリエンジニアになりたいと考えているのであれば、Swift言語やJava言語、開発ツールとしてXcodeやAndroidStudioの使い方を知っておく必要があります。

現在技術の進歩が著しいAIや機械学習のエンジニアを目指すのであればPython言語の習得が必須です。

目的を達成するために必要となる講座を受講できるかプログラミングスクールやコース同士を比較して調べることをおすすめします。

◆ プログラミングスクールの場所

重要なものとしてプログラミングスクールの場所もあげられるでしょう。

完全オンライン制のスクールならば考慮する必要はありませんが、通学する必要のあるプスクールの場合は、自宅からの距離も重要になります。

自宅からスクールが遠いとそれだけ移動に時間がかかることになります。あまりにも自宅から遠い場所にあるスクールは避けるべきでしょう。

できる限り自宅から近いプログラミングスクールがおすすめです。

◆ 就職支援の有無

プログラミングスクールに通う理由として、多数を占めるのは開発会社にエンジニアとして就職するためでしょう。

そのために必要なのが就職支援の有無です。

就職への支援が書類のチェックや面接練習など高校や大学、専門学校で行うような一般的な就職支援なのか、直接企業まで紹介してくれるのかなどプログラミングスクールごとに差異があります。

フリーランスを育成することを主目的として、生徒に技術力をつけさせることに力を入れているプログラミングスクールでは、手厚い就職支援は期待できないでしょう。

一方で 生徒を企業に入社させることによって収益を上げているプログラミングスクールが存在します。

こういったプログラミングスクールは、技術研修などを受講して能力を上げた生徒を企業に就職させることが主目的としているため、手厚い就職支援を受けることが可能になります。

自分が開発会社のエンジニアになりたいのか、それともフリーランスのエンジニアになりたいのかによって、選ぶプログラミングスクールも変わってくるということを意識した方が良いでしょう。

もし、フリーランスのエンジニアではなく、開発会社のエンジニアになりたいのであれば手厚い就職支援を行ってくれるプログラミングスクールを選ぶことをおすすめします。

◆ 就職内定で返金制度の有無

生徒に技術研修を受講させ、スキルをつけさせて企業に就職させることを目的としてるプログラミングスクールの中には、就職内定が決まると学費が返金される制度を用意しているところがあります。

プログラミングスクールの料金は一般的に高く、実際にエンジニアとして仕事を行う前段階としては金銭的につらいものがあります。

そのため、この就職内定による学費返金制度があると非常に助かります。

また、就職内定による返金制度によって、講座の受講料が実質無料になるプログラミングスクールも存在します。

できる限り料金を抑えて講座を受講し、技術力をつけて開発会社にエンジニアとして就職を目指す方はこういったプログラミングスクールがおすすめです。

◆ 料金だけではなく、自分がなりたいエンジニアの種類を踏まえて比較検討すること

料金のみで入学するプログラミングスクールやコースを選ぶのは得策ではありません。

また、自分の要望を全て叶えてくれるプログラミングスクールやコースはないと考えるべきでしょう。

自分にとって何が一番大切なのか優先順位をつけて、受講できる講座や学習内容などと料金を含めた総合的な判断で決めることをおすすめします。

1-3.プログラミングスクール選びで気をつけるべきポイント

プログラミングスクール選びで気をつけるべきポイント

◆ 受講の形式

プログラミングスクールの受講の形式は大きく分けて以下の2つになります。

  • マンツーマンスタイル
  • 教室(1対多)

マンツーマンスタイルはメンターと一対一で学びます。

自分ひとりだけを相手にしてくれるため、じっくり講座を受講することができます。

質問もしやすい環境のため、わからないことを積極的に聞くことができます。そのため、不明点があるまま学習が進んでしまうことを防げます。

入学したプログラミングスクールがコース制で専門的に講座を受講できる場合は、その分野の専門家で現役のエンジニアがメンターとしてついてくれることがあり、知識や技術力の他に現在の開発現場におけるトレンドなど通常はカリキュラムには含まれない話を聞くことも可能です。

一方でマンツーマンスタイルはメンターとの相性が非常に大事になってきます。

自分の性格とメンターが合わないと学習効率やモチベーションが大きく落ちてしまう可能性があります。

そうなってしまうと決して安くない料金を払ってプログラミングスクールに通った意義がなくなってしまうでしょう。

そのため、一度入学を考えているプログラミングスクールへ体験入学し、どういったメンター陣がいるのか確認することをおすすめします。

教室(1対多)は、メンターひとりに対して複数人の生徒がついて講座を受講するスタイルです。

これは高校や大学、専門学校での授業と近いスタイルのため、違和感なく講座を受講することができるでしょう。

また、同じ目標を持った生徒と一緒に学ぶため、モチベーションを保ちやすいのもメリットのひとつです。

講座を受講してわからない点は生徒同士で教えあい、社会人として絶対必要となる他人から教えてもらうことや他人に教えることを学ぶことができます。

そのため、カリキュラムにない知識や考え方、勉強を行うことができます。場合によっては生徒のつながりで新しい道が開ける可能性もあります。

一方、メンターは自分だけを対象に講座を進めるわけではないため、学習速度が自分にあっていない可能性があります。

要領が良く、学習速度が早い方は講座に暇を感じてしまうかもしれませんし、じっくり学習する方は講座が先行してしまい、理解が追いつかないまま次のステップに進んでしまう可能性があります。

◆ 無料体験や無料見学を行う

入学を考えているプログラミングスクールがある場合は、**無料体験や無料見学ができるか確認しましょう。

無料体験や無料見学は多くのプログラミングスクールのコースごとで実施している傾向があります。**

Webサイトや口コミだけでは実際のプログラミングスクールの内容を把握することができません。

入学してから自分の肌にあっていないことが判明した場合は分かるととても後悔することになるでしょう。

そのため、実際に無料体験や無料見学を行い、そのプログラミングスクールやコースが自分に合う場所なのか確認することをおすすめします。

また、漠然とエンジニアになりたいと考えている方は、積極的に色々なプログラミングスクールやコースの無料体験や無料見学を行いましょう。

エンジニアになりたい一心であまり興味のないプログラミングスクールやコースに入ってしまうと非常に後悔します。

エンジニアにとって日々の勉強はとても大切です。

勉強は興味があるからこそ努力できるものでもあります。

エンジニアは「好きこそ物の上手なれ」の世界。

好きで仕事をしているエンジニアが優れたサービスやシステムを開発し、評価される傾向にあります。


急いでプログラミングスクールに入学せず、まずは無料体験や無料見学を行って好きな分野の発見を優先しましょう。

◆ 学習時間

プログラミングスクールのカリキュラムを受講するに当たって、どれくらいの学習時間が必要なのか確認しましょう。

人によって確保できる時間には違いがあります。

早く技術を身につけ、エンジニアとして就職したい方もいるとは思いますが、冷静になって自分が1日あたりどれくらいの学習時間を確保できるか考えることをおすすめします。

学生ならば現在学んでいる学業とプログラミングスクールのカリキュラムを並行して勉強しなければなりません。

単純にやるべきことが2倍になるため、自分の生活時間にそれが耐えられるか考慮すべきです。

おおよその目安は平日に2〜3時間学習でき、休日に5〜6時間学習できること。

これだと無理なくカリキュラムを進めることができるでしょう。

通学が必要なプログラミングスクールに入ることを考えている場合は更に注意が必要です。

教室で講座を受講する時間が自分の生活で確保できるかについての確認は、通学が必要なプログラミングスクールに入学するにあたって必要不可欠です。

もし、自分の生活時間の中に通学して受講する時間を組み込んでみて「ちょっと時間がきついけど大丈夫なのでは」と感じるようならば、無理をしているはずです。

一度入学を保留にして再度考えることをおすすめします。

◆ 自分の目標にあっているか

自分の目標が入学を考えているプログラミングスクールやコースで、達成できるか考えてみましょう。

例えばECサイトの制作を行えるようになりたいと考えているのならば、実際にECサイトの制作方法を受講できるプログラミングスクールやコースを選ぶべきなのは明らかです。

もし、自分に目標がないと感じるのであれば、目標を設定することをおすすめします。

目標の設定は学習を行う上で非常に大事な要素です。

目標がある方とない方では、学習スピードに差が出てきます。

目標があることによって「その目標を達成するためには何が必要なのか」がはっきりするため、迷うことなく自分に必要な知識や技術を学んでいくことができます。

目標設定は「○○エンジニアになる」という漠然としたものからブレークダウンして、「そのエンジニアになるためにはどのような知識や技術が必要か?」と考えていく方法が有効です。

そして見つかった目標を達成できるプログラミングスクールやコースを選択しましょう。

◆ どのような物が作りたいのか明確にする

多くのプログラミングスクールやコースでは、オリジナルのアプリやサービス、サイトを制作することを最終課題と設定しています。

この時、どのような物を作るかある程度のイメージができていないと実際に制作するときに迷いが生じてしまい、時間がかかってしまいます。

方向性が定まらないゆえに中途半端な制作物が完成してしまうことも。

そのため、プログラミングスクールやコースに入学する前から完璧ではなくて良いので、ある程度のイメージを作っておくと良いでしょう。

イメージの仕方は自分が普段使っていて好きなサービスやアプリを参考にするとモチベーションを維持しやすいのでおすすめです。

2.プログラミングスクールおすすめ5選!

2-1.GeekSalon

GeekSalon

◆ 特徴

学生限定のスクール。

コミュニティ型で同期と一緒に学ぶ仕組みになっています。

専属のメンターが付いてくれるため、わからないことが質問しやすく、学習スケジュールの管理も行ってくれます。

スクールの勉強スペースは使い放題なため、好きなだけ利用できます。

さらに 24時間質問をサポートしているため、自分のペースを守りながら効率的に学べます。

2か月目から3か月目はオリジナルアプリの開発をメンターとともに行うため、実践的な内容を学べるでしょう。

大学生、大学院生の方でエンジニアを目指したい方にはもちろん、初心者でもプログラミングに挑戦してみたいという方に、特におすすめできるスクールです。

また、GeekSalonは、大学生限定ということもあり料金の安さも魅力的です。

29,800円/1ヶ月で支払いは3ヶ月分のみ。

3ヶ月のコース卒業後も勉強スペースにきて学習を進めることも可能です。

無料で個別相談と体験会を行なっているため、気になる方は応募することをおすすめします。

◆ 学習形態

通学およびオンライン

◆ コース

  • iPhoneアプリ開発コース

    • プログラミング言語であるswiftと開発環境Xcodeの使い方について受講します。
      最終的には制作したiPhoneアプリをApp Storeにリリースします。
  • ゲーム開発コース

    • プログラミング言語であるC#とUnityの使い方について受講します。
      最終的には制作したオリジナルゲームをApp StoreとGoogle Playにリリースします。
  • webサービス開発コース

    • HTML/CSS/JavaScript/Rubyの使い方について受講します。
      最終的には制作したwebサービスをインターネット上にリリースします。

◆ 料金

29,800円(1か月)×3ヶ月のみ


2-2.Tech::Camp

Tech::Camp

◆ 特徴

TECH::CAMPは最新のテクノロジーに触れることができるスクール。

TECH::CAMP最大の特徴は5000回以上改定されている洗練されたオリジナル教材。

無料のオンライン動画やテキストではわからない点も多々出てきますが、これは未経験でも一読するだけでわかることをコンセプトに作られているため、とてもわかりやすくスムーズにカリキュラムを受講する手助けになります。

また常に最新の情報が反映されるという素晴らしい点も。

定額で学び放題なのもポイント。

自分に必要と感じた技術に関しては追加料金なし、実質無料で受講することができます。

無料で個別相談と体験会を行なっているため、気になる方は応募することをおすすめします。

◆ 学習形態

通学およびオンライン

◆ コース

※数が多いため一部抜粋。

  • Webサービス開発コース
    • SNSやレビューサイトなどを中心としたWebサービスを開発できる知識を身につけます。
      HTML/CSS/Ruby on Rails/JavaScript/SQLについて受講することが可能です。
      Webサービス開発に興味のある方におすすめのコースです。
  • AI(人工知能)入門コース
    • Python言語を用いて現在注目されている分野である人工知能プログラミングの技術について受講します。
      AIエンジニアを目指す方におすすめできるコースです。
  • iPhoneアプリ開発コース
    • 0からiPhoneアプリの開発方法について受講することができます。
      開発したアプリは実際にApp Storeにリリース。
      SwiftやXcodeについて実践的な学習を行います。
      モバイルエンジニアを目指している方にはおすすめのコースです。

◆ 料金

128,000円(1か月)


2-3.侍エンジニア塾

侍エンジニア塾

◆ 特徴

日本初のプログラミングマンツーマン指導を開始した草分け的なスクール 。

メンターと自分だけのカリキュラムを作っていくフルオーダーメイドカリキュラムが特徴。

そのため確実にプログラミングスキルが身につけることが可能。

それぞれの目標に合わせた知識や現場で使用されている実践的な技術を学ぶことができます。

また、途中で学習内容を無料で変更することもできるため、目標が変化した際でも柔軟に対応できます。

オリジナルアプリの開発支援を行なっているため、実際の開発経験を積むことができます。

転職の際のポートフォリオにもなるため、企業に受かりやすくなるというメリットも。

万が一、カリキュラムを修了してもプログラミングスキルが上達しなかった場合は料金が全額返金されるため、実質無料となります。

メンターとマンツーマンで高い技術を学びたい方は無料で個別相談と体験会を行なっているため、気になる方は応募することをおすすめします。

◆ 学習形態

通学およびオンライン

◆ コース

  • AIコース
    • 短期間で最先端の人工知能を扱える人材になることを目標としているコース。
      機械学習やデータサイエンスなどについて受講することができます。
      AIエンジニアを目指す方におすすめです。

◆ 料金

  • 168,000円(1か月)
  • 438,000円(3か月)
  • 698,000円(6か月)

2-4.WebCamp

WebCamp

◆ 特徴

講義形式の授業は行わずにマンツーマンでの学習を行なっています。

そのため、一人一人に最適な学習方法を構築することが可能。

メンターによる「コーチング」によりスキルを習得完了するまで徹底的に指導してもらえます。

つまづきを最小限に抑えることでモチベーションを維持したまま勉強を進めることが可能。

土日でも11時〜22時まで教室に入れるため、学習やメンターに直接質問することが可能。そのため、平日が忙しい方でも安心して通うことができます。

メンターへの質問はオリジナル学習システム「WEBCAMP ONLINE」上でも可能。

そのため、自宅で学習中にわからないことが出た時にはすぐに質問することができます。

もちろん追加料金などかからず無料です。

土日にも開講している点、自分に最適な学習方法を構築することができる点から日々多忙の方には特におすすめできます。

8日間のお試し期間で受講内容に満足できない場合は受講料金が全額返金されるため、実質無料となります。

そのため、万が一自分に合わないと感じた場合でも料金は無駄にはなりません。

無料で個別相談と体験会を行なっているため、気になる方は行ってみましょう。

◆ 学習形態

通学およびオンライン

◆ コース

  • Webデザインコース
    • Webデザインが未経験の方や初心者の方でもWebデザインスキルを短期間で身につけることが可能。
      Webデザイナーを志望する方におすすめのコースです。
      HTMLやCSS、動的なWebサイトやスマートフォン対応サイトの制作方法を学ぶことができます。
  • プログラミングコース
    • プログラミングが未経験の方や初心者の方でもプログラミングスキルを短期間で身につけることが可能。
      RubyやRuby on Railsを学ぶことができるため、TwitterやFacebookをはじめとしたWebサービスを開発するスキルを身につけることができます。
      Webエンジニアを目指す方におすすめです。

◆ 料金

  • 28,000円(1か月)
  • 218,000円(2か月)
  • 298,000円(3か月)

2-5.ジーズアカデミー

ジーズアカデミー

◆ 特徴

最初は純粋にプログラミングを楽しむことから始め、徐々に現役で活躍する一流エンジニアのメンターからサポートを受けながら自分独自のWebサービスやアプリを開発します。

教室は24時間空いているため、いつでも学習に来れます。

シェアオフィスと併設されているため、様々なベンチャー企業の働き方を見ながらプログラミングスキルを得ていくことができます。

和室やシャワーも完備しているため、ジーズアカデミーに在籍している期間は課題制作や卒業制作のために毎日利用することができます。

特に無料で実際のベンチャー企業を見ながら学習できる点は、実際の現場を確認することができるため、カリキュラム外のことも学ぶことができるでしょう。

卒業制作で開発した制作物は80社~100社の企業採用担当者の前でプレゼンすることになっており、場合によってはそのまま内定が決まることも。

起業支援をしており、卒業後に企業を行う場合は最大500万円までの出資、オフィスの無料提供や営業支援、PR支援を行なってくれるなど起業家を目指す方には特におすすめのプログラミングスクールです。

無料で説明会を行なっているため、興味のある方はぜひ行ってみましょう。

◆ 学習形態

通学およびオンライン

◆ コース

  • 東京週末集中コース
    • 週末に集中して受講してプロのエンジニアスキルの習得を目指します。
      共通科目を学んだ後はサーバーサイドを学ぶことができるWebサービスディベロッパーコースかアプリ制作を重点的に学習するNativeアプリディベロッパーコースを選択できます。
      集中的に学習したい方におすすめ。
  • 東京フルタイム総合コース
    • スタートアップ企業で即戦力となることを目的としたフルタイムのコース。
      短期間で実践的なプログラミングスキルとチーム開発を学習します。
      共通科目を学んだ後はWebサービスとネイティブアプリ、VRなどの映像的な技術など専攻を選択して学習することでその分野のスペシャリストを目指すことになります。
      じっくりスキルを磨きたい方におすすめ。
  • 福岡週末集中コース
    • 基本的なカリキュラムは東京週末集中コースと同様です。
      共通科目を学んだ後はフロントエンドとサーバーサイドについて学習します。

◆ 料金

240,000円(2か月)


3.オンラインでプログラミングを学ぶなら!おすすめ3選

3-1.TechAcadmy

TechAcadmy

◆ 特徴

非常に多くのコースを揃えているスクール。

その数なんと26コース。

コースは単体ではなく、2セット、3セットで受けることができるので幅広く知識や技術を学習することができます。

短期間でプロエンジニアを育てるオンラインブートキャンプを実施しており、現役エンジニアのメンターが徹底サポート。

週2回ビデオチャットを使用してメンターからマンツーマンのサポートを受けることができるため安心。

毎日15時〜23時の間はチャットで質問することができ、現役エンジニアの実務経験から導き出される回答をもらうことができます。

課題のレビューはできるようになるまで回数無制限に行なってもらえます。

もちろん何回でも無料です。

カリキュラムを修了後はTechAcademyキャリアで就職支援を受けることが可能。

身につけたスキルを元に企業やコンサルタントがスカウトするため、自分に合った企業に就職することができます。

また、TechAcademyキャリアで就職を決めると10万円をキャッシュバックしてくれます。

学生と社会人で料金が異なっており、学生だと社会人と比べて最大約10万円安く受講することができます。

安くオンラインで完結するスクールに入校したい学生には特におすすめです。

いつでもプログラミング無料体験を実施しているため、気になる方は受けてみましょう。

◆ 学習形態

オンライン

◆ コース

※数が多いため一部抜粋。

  • PHP/Laravelコース
    • PHPとフレームワークであるLaravelを使用してオリジナルサービスの開発を目的とするコース。
      制作したオリジナルサービスの公開をゴールとしています。
      PHPエンジニアを目指す方におすすめです。
  • iPhoneアプリコース
    • オリジナルのiOSアプリの開発を目的としているコース。
      制作したオリジナルiOSアプリをApp Storeでリリースすることがゴールです。
      iOSアプリエンジニアを目指す方におすすめです。
  • Androidアプリコース
    • オリジナルのAndroidアプリの開発を目的としているコース。
      制作したオリジナルAndroidアプリをGoogle Playでリリースすることがゴールです。
      Androidアプリエンジニアを目指す方におすすめです。

◆ 料金

※コースにより多少の変動があります。

  • 89,000円(1か月、学生)/129,000円(1か月、社会人)
  • 119,000円(2か月、学生)/179,000円(2か月、社会人)
  • 149,000円(3か月、学生)/229,000円(3か月、社会人)
  • 179,000円(4か月、学生)/279,000円(4か月、社会人)

3-2.CodeCamp

CodeCamp

◆ 特徴

現役エンジニアのメンターとマンツーマンでビデオ通話によるオンラインレッスンを主な学習方法としているスクール。

毎日7時〜23時40分でレッスンを開講しているため、隙間時間や週末など都合が良い時間帯で勉強することができます。

メンターは全て厳選な審査を通過した優秀な現役エンジニア。

実際の開発現場で培った豊富なノウハウを活かして学習をサポートしてくれます。

無料体験を実施しているため、気になる方は受けることをおすすめします。

◆ 学習形態

オンライン

◆ コース

  • プレミアムプラスコース

    • HTMLやCSS、Swift、RubyなどCodeCampが教えている全ての言語のプログラミングレッスンが受け放題になるお得なコース。
      レッスン回数を気にせず受けることができるため、何でもチャレンジしたい方におすすめします。
  • プレミアムコース

    • 自分の目的に合わせて必要な分だけレッスンを受けることができるコース。
      オリジナルWebサービスを作りたいなど学習のゴールがはっきりしている方におすすめします。

◆ 料金

※コースにより、多少の変動があります。  

  • 178,000円(2か月)
  • 278,000円(4か月)
  • 328,000円(6か月)

3-3.Schoo

Schoo

◆ 特徴

「参加型生放送」という受講形態を取っているスクール。

生放送授業を行なっている先生に対してチャット機能を使って質問したり、受講生同士で語り合うなど他のスクールとは毛色が異なる点が特徴的。

見逃した授業は後から録画授業として配信される動画を見て勉強できます。

無料会員登録を行うだけで料金がかからずに受講できるため、手軽に利用できる点もポイント。

また有料会員になることによって4,600本以上ある授業が見放題になります。


料金は他のプログラミングスクールと比べると格別に安いため、気軽に有料会員になることができます。

気になる方は無料会員になり、一通り授業を体験してみることをおすすめします。

◆ 学習形態

オンライン

◆ 料金

  • 無料(一般会員)
  • 980円(プレミアム会員/1か月)

4.制約あり!無料のプログラミングスクール3選

4-1.無料PHPスクール

無料PHPスクール

◆ 特徴

入学金、授業料、教材費などの料金がすべて無料のスクール。

スクール名の通り、PHPに集中した学習内容になっており、ECサイトや自作Webアプリの制作を通して「実務経験3ヶ月レベルと同等のスキル」を取得することができます。

就職に関しては2社の内定を保証されているため、安心して勉強に集中することができます。

「新人教育に熱心な企業」1024社から就職先を紹介してくれるため、変な企業に就職してしまう心配もありません。

無料でPHPエンジニアを目指したい方におすすめできるスクールです。

説明会も無料で行なっているため、気になる方は行ってみましょう。

◆ 学習形態

通学およびオンライン

◆ 料金

無料


4-2.ProEngineer

ProEngineer

◆ 特徴

20代の第二新卒やフリーターの方を対象に無料でエンジニアのノウハウを教えているスクール。

通学やSkypeでECサイトやアプリなどの制作方法を学習。

テキストと実際に制作する実戦形式の両方でプログラミングを学んでいきます。

就職に関しては求人数を3,500件以上保有しており、自分に合った企業を紹介してもらえます。

希望すれば有名企業で有給インターンシップを体験することも可能です。

もちろん、これらも無料で受けることができます。

無料でWebエンジニアを目指したい方におすすめです。

説明会も無料で行なっているため、気になる方は行ってみましょう。

◆ 学習形態

通学およびオンライン

◆ 料金

無料


4-3.インターネットビジネスアカデミー

インターネットビジネスアカデミー

◆ 特徴

24時間365日無料で必要なことが学べるスクール。

講義ではメンター陣が現場で活用したり実践しているスキルを提供するため、常に最新の情報を受け取ることができます。

また、24時間365日メンターやサポートスタッフが質問に回答してくれます。

直接相談することも可能で、頻繁にセミナーや勉強会を開催しています。

勉強会では多くのことを学べるため、学習意欲の高い方におすすめです。

◆ 学習形態

オンライン

◆ 料金

無料


5.まとめ

まとめ

年々、増えていくプログラミングスクール。

有料のスクールでは一月あたり8万〜15万円必要となるため、しっかり考えて、スクールを決めることが大切です。

気になったスクールの無料体験会/無料説明会には積極的に行くことをおすすめします。

もちろん無料のスクールでも自分の大切な時間を投資する以上、しっかり考えた上で入校するか決めましょう。

料金が無料でも時間を無駄にしてしまっては元も子もありません。

今回ご紹介したスクールを参考に自分にとって最適なスクールを見つけられたら幸いです。


大学生限定プログラミングコミュニティGeekSalon では

無料説明会&体験会を開催中です!

9月生の入会期限まで、残席わずかです!